アニメーション操作パネル

切り替えリストパネルの[アニメーションリスト]で操作したいアニメーションを選択したら、アニメーション操作パネルのボタンとスライダーでアニメーションで操作します。

ボタンとスライダーの説明

    アニメーションの先頭フレームにジャンプします。アニメーション再生中/一時停止中のどちらでも使用可能です。
    アニメーションを1フレーム戻します。アニメーション一時停止中のみ使用可能です。
    アニメーションを再生します。再生中に押すとアニメーションを一時停止します。
    アニメーションを1フレーム進めます。アニメーション一時停止中のみ使用可能です。
    アニメーションの最終フレームにジャンプします。アニメーション再生中/一時停止中のどちらでも使用可能です。
    スライダーバー
    マウス左ボタンでつまんで左右に動かすことで、アニメーションのフレームを進めたり戻したりすることができます。
    [リピート再生]
    チェックボックス
    チェックが入っている場合は、現在のアニメーションをリピート再生します。
    チェックが入っていない場合は、現在のアニメーションを再生すると、最終フレームで停止し、リピートしません。
    *.*/*.* 秒
    “/” の左の数字が現在のフレームにおけるアニメーション時刻、右の数字がアニメーション全体の再生時間です。
    ***/*** フレーム
    “/” の左の数字が現在のフレーム、右の数字が総フレーム数です。
    フレームレート
    ラジオボタン
    アニメーションのフレームレートを変更します。 アニメーションのフレームレートを設定すると、再生速度が変化します。 再生速度は基準のフレームレートに依存して決定します。 REMO Viewerでの基準のフレームレートは“シーンファイルのフレームレート値”です。
    “シーンファイルのフレームレートを使用する”をチェックすると、シーンファイルのフレームレートがアニメーションのフレームレートに使用されます。 “設定フレームレートを使用する”をチェックすると、右の数値ボックスのフレームレートがアニメーションのフレームレートに使用されます。 この場合、基準となるフレームレートは“シーンファイルのフレームレート値”であるため、 再生速度は“設定フレームレート値”÷“シーンファイルのフレームレート値”倍 となります。
    (例:シーンファイルのフレームレートが 30 fps で、設定フレームレートが 60 fps の場合、2倍速となります。)
    設定値はシーン設定ファイルに保存されます。 アニメーションの再生中でも本設定の変更が可能です。

REMO Viewerのアニメーション仕様

  • 読み込んだシーンにアニメーションがなかった場合は、アニメーション操作パネルのすべてのボタンとスライダーは操作できない状態になります。
  • アニメーションのフレームレート設定にて、シーンファイルのフレームレートを使用する設定かつ、 シーンファイルにフレームレートの設定がなかった場合は、フレームレートは60[fps]になります。