シーケンス再生

概要

シーケンス再生では、あらかじめ決めたシーケンスに従ってアニメーションの再生を行います。 ここで、シーケンスとは再生するアニメーションとその設定です。 REMO Viewer ではデモや意匠確認の目的で、あるアニメーションを 事前に決めた設定どおりのシナリオで再生したい場合がありますが アニメーションの個数によっては手動で行うのは困難です。 これをシーケンス再生により自動化します。

使用方法

テキストファイルを作成し、最大アニメーション時間,シーケンスを記述します。 保存後、本ファイルを シーケンスファイル とします。 シーケンスファイルは、XRMファイルをロードするとメニューの [ファイル]→[シーケンスファイルを開く] から適用できます。 “Ctrl+S”でも可能です。 マルチシーン設定ファイルを使用する場合、 SQD_FILEパラメータにより、そのXRMファイルについてシーケンスファイルを指定できます。 ログファイルはメニューの[ファイル]→[表示中シーンのシーケンスのログを開く] から開けます。 “E”でも可能です。

動作

シーケンス再生は以下の動作になります。

  • シーケンスファイルで指定した最大アニメーション時間が、 シーケンスの最大(最後)の時間となり、アニメーション操作パネルの シークバー右に表示されます。
  • シーケンスファイルで定義した各シーケンスを、時間またはフレームの経過に 従い再生します。
  • シーケンス再生を行っている間は切り替えリストパネルの カメラ、アニメーションは変更できません。
  • シーケンスファイルをロード時に警告もしくはエラーが発生した場合、 XRMファイルまたはマルチシーン設定ファイルと同じパスに、ログファイルを作成します。

注意点

  • 1つのアニメーションを複数のシーケンスに関連付けた場合、後から再生される シーケンスが優先されます。